辛い感情が大きければ大きいほど、幸せを感じる力は大きい。

今日友達から沈んでるメールが来た。

主な理由は、親との関係、仕事がらみ…。
やっぱり人間関係って、
何を築くにも、
どう生きて行くにしろ、
大事なもんなんだと改めて思う。
しんどい時に溜め込んでしまいがちな人ほど、人知れず1人でまいってしまうものだから、そんな時に頼って連絡してきてくれたのが嬉しいと思う。
今まで人になかなか話せないでいた話をこうやって話せる友達だと言ってくれるのはとっても幸せだと思う。
そんな相手が彼女に1人でも多く、いろんなタイプの友達として周りにいてくれれば一番いいことかなって思える。
人に話すことで、1人でかかえてた重荷を少しずつおろし、
人に話すことで、ぐちゃぐちゃになってた自分の想いや感情が少しずつ整理される。
聞いてもらう相手は、ある程度選んだ方がいいとは思うけどね。
今は何が何だかわからなかったとしても、
自分の生きたい道は必ず彼女の中にある。
親が決めるのでもなく、
恋人が決めるわけでもなく、
友達が決めるわけでもない。
自分の人生は、自分のものだから。
家族がいると、半分は家族の人生のように思える。
親の期待に添えるように、
親の意見に自分の人生を委ねそうになる時もある。
でも、結局最後に決めるのは自分でしかない。
辛いことを感じられる彼女だから、
きっと思いっきり幸せも感じられるはず。
人生は、やっぱり自分次第なんだとつくづく思う。
彼女が親の幸せを願うように、
うちも彼女の幸せを願う。
さて、今日も子宮に優しく
クマ吉ゆたんぽと共におねんねしまーす音譜
ブログの読者になる♪

メールアドレスを記入して下記の読者登録ボタンを押すと、更新をメールで受信できます。

フォローする♪